ブログ

研修は必要なのか?

コロナウイルスの影響で企業研修が延期や中止が増えている。
その流れで「研修はいらないんじゃないか?」という企業側の意見も聞く。
「本当に企業研修は必要なのか」
人材育成に携わる身として考える良い機会となった。
そんな中、8か月にわたり3日×3回の研修を行った企業の受講者から研修を受けた報告書が来た。
「自分が成長したという実感を感じた」
「成長したという実感から自信がついた」
「会社にもっと自分が影響を与えられるのでは?という欲が生まれた」
と多くの意見をもらった。
彼らに7月に会った時は「自信のない小鹿」のようであった。
しかし研修最後、一人ひとりが「在りたい姿」をプレゼンしていた時、彼ら自身が本当に成長を感じ、これから会社や社会にどう貢献したいかを本気で考えている姿を見た。

人は何かを学び、成長を感じることで社会で生き抜く「マインド」を形成するのだ。
私の心にある「人は無限に成長できる」という信念を実感した。

改めて私見として研修は「筋トレ」だと思う。
良い筋肉をつけるには時間もかかるし成果はすぐには見えない。
でもよい筋肉をつけていないといざ「テニスやろう」「サッカーやろう」とスキルを身に着けてもケガをする。

変化と競争が激しい社会を生き抜くにはしなやかな社会人としての柔軟な筋肉としての「頭脳」が必要だ。

時間がかかって身につくことこそ本物であると信じたい。
#冨田香織 #tomitakaori #ストレングスファインダー #研修講師 #青森

関連記事

PAGE TOP