エグゼクティブコーチング お客様の声

クリフトンストレングスを利用したコーチングプログラム(全6回)を受講した方の声です

Y.T.さん(30代 男性 マネージャー職)

①受講前の課題は何でしたか?
マネージャーとして何が課題かわかっていなかったが、なんとなくこのままじゃダメだと思っていた。課題が明確になりきっていないことが、まず大きな課題だった。

②コーチングを受けての成果はなんですか?
課題が明確になった。①「マネージャーとして完璧でなければならない、なめられてはいけない、常に答えを提供できる存在でなければいけない」と思いこんでいること。②すぐに正論、答えを言ってしまうことでメンバーの成長機会を奪ってしまっていること。
その結果、「失敗を認められる、弱みを出せるチャーミングなマネージャーになる」という目標ができた。またチームを運営する上で、チーム間のつながりを意図的に作ることの重要性を理解でき、学びや課題を共有する機会を設けることで、エンゲージメントが強まった。

③コーチ冨田の評価ポイントは何ですか?
決して否定はせず、ポジティブな面にも必ず目を向けるようにしてくれる。柔らかく、なんでも話したくなる。めちゃくちゃ実務に即した事例で話をしてくれるので具体的な学びを得られる。毎回心に刺さる言葉を必ず1個以上くれる。クリフトンストレングスの個別化1位同士なので、めちゃくちゃ共感できることが多く、言葉が心にしみる。

④どんな人におすすめですか?
営業マネージャーなど、実務でマネージャーとしてまさに困っている人メンバーに対する愛はあるけれど、それが空回りしてしまっている人。個別化が上位資質にある人。

T.K.さん(40代 男性 会社役員)

①受講前の課題は何でしたか?
自分の直下の階層の管理職との信頼関係構築。お互いが同じ船に乗り、同じベクトルを向き行動できる状態になっていない。

②コーチングを受けての成果はなんですか?
対話を通じて「自分が何者であるのか」の理解が深まった。また自身を見直すことで、周りとのかかわり方に関して軸を作ることが出来た。自己開示を通して、相手に自分がどういった人物なのかわかりやすく落とし込むことが出来る。また自分の変化として、資質に関して意識をすることが出来る。周りと自分の違いを、良いものとして捉える懐の深さが身につく。

③コーチ冨田の評価は何ですか?
色々と管理職としての経験をされているので、やはり実務面でのお話が豊富である。実際の場面を想像しながら話を聞くことでより自分の状況に落とし込みやすくなった。

④どんな人におすすめですか?
どんな人というカテゴリーは無いですが、基本的に自己成長をしたい人は受けてみると良いと思う。特にミドルマネージャークラスの方が結果が組織に与える影響は大きいと思うので、その階層が一番適していると考える。

PAGE TOP